急な出費の工面体験談

38歳 男 ギャンブルはコリゴリ

ギャンブルはほどほどに

自分だけは絶対にはまらないと思う。
一度勝つと隙間時間でも勝てると考える
自分自身危機が訪れるとはっと我にかえる

結局何も残らない。(笑)

私の若かりし頃、友達と一緒にパチスロへ行った
ギャンブルには全く興味がなかったが、一回位
しかたないかなと思い。1万円賭けてしてみたが
何と2時間程で5万円になって返ってきた
いわゆる「ビギナーズラック」である。

一度はまると隙間時間にいって今日も楽に勝てる
だろうと考える。

しかし現実はあまくなく2日間で前回勝った4万円はどこかに消えていった。

それでも今日こそは今日こそはとお金をつぎ込む
毎日。気づけば店のネオンと大音量ですーっと
店内に引き込まれていった。

貯金はみるみるうちに無くなっていき、何よりも
3食よりもスロットに勝つ事を優先に考える事になっていた。

そんな時に弟が結婚する事となり、急にお金がいる事になった。兄として相手の奥さんに恥をかかす事ができないとお金を取って置いたが、結局ネオン街に吸い込まれて行き全額つぎこんでしまった。

結婚までもう日にちが無くここで、残りの1万円をにぎりしめてもう1勝負と考えた時に親から着信があった。ここで初めて我に返りどうするか考えた時に人生で初めてキャッシングをした

キャシングは提携金融機関(銀行など)のATMや、提携会社のキャッシュディスペンサーで行うことができ、また、多くのクレジットカードはコンビニのATMやマルチメディア端末でもキャッシングを利用できる。

操作は驚く程簡単で、めちゃくちゃ簡単に借りれた。これでまたと思ったが弟の結婚式を終わって
からと考えた。

弟の結婚式、式こそ華やかではないが、とても幸せそうだった。その姿を見て、もうやめようと
何を夢見てたのだと我に返った。

そこからは考えを洗い直し、利息も返済して
一から出直している。そんな中でもネオン街を
通ると右手がうずく、そんな時はお金があったら
買えてた物を思い出すようにしている。