急な出費の工面体験談

37歳 女性 なんとかなる

本当に必要な時には必要なお金はやって来ます。もちろんただ何もせずに待っているだけでは上手くいかないこともありますが、ちゃんと目的を持って突き進めば何とかなるのを自身の体験から実感しています。どうしてもまとまったお金が必要だった時、たまたま新聞広告で絵のコンクールの広告を見ました。優勝賞金は100万円位だったと思います。短期バイトなどもしながら、とにかく何でもなってみようと思い作品を描き始めまさした。当時は本当に切迫詰まっていたのです。そうでなければ、あのような考えは出なかったかもしれないし、もっと現実的な思考に支配されていた気がします。でも何故かピンと来たのでやってみました。普段、絵を描く趣味なんて無いので家にあった水彩絵の具で描いて作品を送りました。結果は映画や本のようにはなりませんでした。まあ当然です。後々考えてみれば、あのような賞金の出るメジャーなコンクールなら私よりもっと普段から本格的な勉強や練習をしている人から沢山の応募があるだろうし、思いつきで作品を始めて送ったような私が大賞を取るほうがある意味おかしいくらいです。まぁそうよね、と思っていたのですが落選が分かった1週間後位に、コンクールを主催した団体から連絡が来ました。表には出してないけど私が特別賞を受賞したので是非会いたいとのことでした。私の他にもそのような人が居るようで地域ごとに指定された日時と場所にこちらから出向く方式だったので、こちらとしてはむしろ安心で行ってみることにしました。そこで私が言われたのは、社内に何人も私の作品を気に入った人がいるので本格的に会社のプログラムを利用してイラストレーターを目指さないかというものでした。私はただお金が欲しくてやったことなので、それには興味がないと素直に話し提案された件については進展がありませんでしたが、なんとその理由を聞いて次のイベントでの裏方の仕事をすごく良い条件で提示されました。もちろん即答し、一気に目標額へ前進しました。